医者からジェネリック医薬品に関する特徴を聞く夫婦

ジェネリックの人気性力剤について

厚生労働省は、近年の高齢化社会により、健康保険の財政が切迫しているため、それを抑制するために、積極的にジェネリック医薬品を使用するよう働きかけています。ジェネリックは、厚生労働省が先発医薬品と同様に、後発医薬品のジェネリック医薬品にも厳しい検査をして、販売を認可している安価で安全性の高い医薬品です。ジェネリック医薬品には、精力剤もあり、ED(勃起障害、勃起不全)の症状にも、先発医薬品と同様の成分で同等の効果があるようです。人気の性力剤に「バイアグラ」、「シアリス」などがあり、中でも「バイアグラ」は知らない人がいないくらい有名な医療用医薬品です。日本で開発されたED治療薬は、ファイザー製薬の「バイアグラ」が特許権が切れている以外、他のメーカーでは、まだ薬の特許権が切れていないので流通量が少ないこともあり、海外のED治療薬を輸入して対応している医療機関や薬局が存在しています。海外のもので「バイアグラ」のジェネリック医薬品である「カマグラ」や「シアリス」のジェネリック医薬品として「タダリス」などが市販されています。これらの医薬品の生産国はインドで、日本では未承認の医薬品です。医薬品は、大手の一流医薬品メーカーが、莫大な費用と時間をかけ、新薬として開発するものですが、20年の特許権が切れると、他のメーカーでも同じ成分を使って開発できるようになるため、ジェネリックは、新薬開発手順を省き、安い価格で医薬品を消費者に提供できるのです。後発医薬品は、同じ成分を使用していますが、錠剤のコーティングやカプセル、粉末などの形態の違いにより、薬の吸収・分解の速度が微妙に変わったり、副作用の出方も変わってくることもあるようです。