お得に薬を飲むならジェネリック

医者からジェネリック医薬品に関する特徴を聞く夫婦

ED治療薬のジェネリックはあるの?

通常は医薬品は莫大な研究開発費が必要であり、しかも長い年月をかけて開発されます。
それを簡単に真似して販売する事が出来てしまうと先に苦労して研究開発した会社が商売ができなくなってしまい、新薬を開発する事も出来なくなってしまいます。
そのような事にならないように特許を取得する事で権利が保護されているために、ある製薬会社が販売している薬を別の製薬会社が真似て販売する事は出来ないようになっています。
ただ、特許については永久に認められているという訳では無くて、一定期間が過ぎる事で特許が切れて他社が同じ成分を用いた薬を開発して販売する事が認められています。
そうして登場するのがジェネリックであり、ジェネリックは研究開発のコストを抑える事が出来るので一般消費者にとっても安く薬が手に入るというメリットがあります。
ED治療薬は最初に登場したのが1998年の事であってそこまで歴史があるという訳ではないです。
ただ、歴史的にはそこまで古くから存在している訳で無くてもジェネリックは存在しているので手に入れる事は可能です。
まず、最初のED治療薬であるバイアグラはすでに特許が切れているので2014年には日本でもジェネリックが登場しています。
バイアグラのジェネリックの一つにカマグラゴールドがあります。
カマグラゴールドの勃起効果は、バイアグラと同じ成分なのでバイアグラ変わらなく効果を実感できます。
そのため効果もジェネリックだから劣るということもありませんし、非常に人気なED治療薬です。
その他のED治療薬については特許が有効であるために日本では販売されていないですが、インドの場合は国の事情でジェネリックが存在しています。
厳密にはジェネリックとは異なるのでインドジェネリックと区別して呼ばれる事もあるのですが、同一成分の薬が安い値段で販売されているのです。
インドジェネリックは日本では承認されていないので販売されていないですが、薬の通販サイトを利用し個人輸入で入手する事は可能となっています。

ジェネリック医薬品と先発医薬品の価格差

医薬品には、先発医薬品とジェネリック医薬品という区分があります。
先発医薬品は一般に新薬と言われている薬で、初めて企画・開発されていろいろな実験や臨床検査、治験などのプロセスを経て認可され、市場に登場する薬です。市場に登場した先発医薬品には、特許が設定されています。そのため、他メーカーが同じ内容で医薬品を製造することができません。しかし、その特許期間が無効となるとその限りではなく、そうした経緯で製造されるのがジェネリック医薬品で、先発医薬品の新薬に対して後発医薬品と呼ばれることもあります。
ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ内容で造られているので配合されている有効成分や効果・効能、発現する副作用の種類、使用上の注意事項や禁忌などについては先発医薬品とほぼ同様となっています。
先発医薬品とジェネリック医薬品の一番の違いは、市場での価格です。新薬が市場に登場するまでには、認可に必要な企画・開発から実験・治験の過程があり非常に大きなコストがかかっています。これに対し、後発医薬品のジェネリック医薬品では既にわかっている内容の薬を製造する仕組みなので、実験や臨床検査といったプロセスが不要で先発医薬品に比べるとかなりの低コストで製造が可能となっています。
このことが市場での価格差となって反映されていて、ジェネリック医薬品は先発医薬品に対して何分の1といった低価格で流通しているのが一般的です。
健康保険が適用されない治療において、先発医薬品を自費診療と医師の処方の上で自費購入という形で入手するとなると経済的な負担も大きいものです。先発医薬品をジェネリック医薬品に置き換えることで、経済的な悩みが解消されます。

ジェネリック医薬品が安価な理由

製薬会社は新しく開発した薬は特許をとり他社に真似をする事が出来ない権利を持ち販売します。世の中に先に販売された薬は先発医薬品またはブランド医薬品と呼ばれジェネリック医薬品とは違いがあります。
特許期間が切れた後に同じ成分で販売される薬をジェネリック医薬品といいます。安価である理由は先発医薬品と異なり開発に要する費用がないために安価で発売する事ができます。
先発医薬品は研究のために莫大な費用と時間を費やし研究をするために費用回収や投資のために値段を高く設定して販売します。そのためにジェネリック医薬品より高い値段になります。
ジェネリック医薬品は先発医薬品と同様の成分で作るために研究開発費がかからないので先発医薬品より3割から6割安い価格で販売する事ができます。ジェネリック医薬品は成分は同じですがその他の成分は少し異なる事があります。
厚生労働省の基準内で作られていますが服用した時に違いを感じる人もいます。先発医薬品と比較して体内での薬のとけ方や吸収率が異なる事があります。そのために医師の期待以上の効果がでたり効果がでなかったりすることも多少あります。
ジェネリック医薬品のメーカーでは成分以外の部分を改良していることもあります。薬の形状を小さくしたり液体やゼリー状などに変更するなどの工夫もしています。
改良や治験にお金をかけている事もあります。ジェネリック医薬品は医療費削減のために厚生労働省が力をいれているため今後も普及が見込まれています。
高齢者の増加と医療技術の高度化により医療費が膨らみ国の財政を圧迫するからです。日本は諸外国と比較するとジェネリック医薬品の使用率が低い国です。国はメーカーに普及に向けて環境作りを提案しています。